プレスリリース

レバレッジ、平均年齢29.5歳のベンチャー企業が個人情報保護にActive! gate SSを導入

2024.07.09

<報道関係各位>
<プレスリリース>

株式会社クオリティア

 

株式会社クオリティア(本社:東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下「クオリティア」)は、株式会社レバレッジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:只石 昌幸、以下「レバレッジ」)のクラウド型メール誤送信防止サービス「Active! gate SS」の導入事例を発表します。

フィットネスブランドVALXの通販事業や24時間フィットネスのVALX GYMの運営などを運営しているレバレッジ。同社は「前例のない熱狂を、しかける。」をミッションに掲げ挑み続けています。平均年齢29.5歳という若さで、数々の事業を拡大している同社の開発部門では、P(プライバシー)マーク取得をきっかけに、メールの誤送信対策を強化するため、Active! gate SSのWebダウンロードを活用しています。

レバレッジでは、「Active! gate SS」の以下の点を主に評価しています。

 

  • メール誤送信による情報漏えい防止のためActive! gate SSを導入
  • 送信者と受信者の手間を考慮してWebダウンロード機能を採用
  • 使い勝手がよく導入後の問い合わせはまったくない
  • ツールと教育の両輪で情報セキュリティ対策の運用を実現
  • 今後さらなる誤送信防止機能も検討しセキュリティ強化

 

■平均年齢29.5歳のベンチャー企業が個人情報保護にActive! gate SSを導入

https://www.qualitia.com/jp/case/agss_leverage.html

 

「Active! gate SS」について

「Active! gate SS」は、Microsoft 365やGoogle Workspace、LINE WORKSと連携する本格的なクラウド型メール誤送信防止サービスです。「機能を選べる」「すぐに使える」「高品質なのに低価格」をコンセプトに小規模からでもすぐに使える安心のサービスを、1メールアドレスあたり月額200円(税別)から提供します。「送信メールの一時保留」「添付ファイルのWebダウンロード」「TLS確認機能(PPAP対策)」「フィルタリング」「添付ファイルの暗号化」「ヘッダー変換(Bcc強制変換・Cc/Bccの自動付与)」「上司承認」の7つの機能をお客様のスタイルに合わせた2つのプランで提供。セキュリティと利便性を兼ね備え、メールや添付ファイル経由の情報漏えいを防止します。特に新たにリリースされた「TLS確認機能」はPPAPの課題を根本から解決する新機能です。

参考リンク : https://activegate-ss.jp/

 

クオリティアについて

クオリティアは、国内で開発・販売を行っているメッセージングソリューションカンパニーです。メールやメールセキュリティを中心とした事業展開を行なっており、主力製品であるWebメール「Active! mail」や大規模メールシステム「DEEPMail」を通じコミュニケーションの効率化に貢献しています。また、Microsoft 365、Google WorkspaceやLINE WORKSと連携するクラウド型メール誤送信防止サービス「Active! gate SS」、クラウド型メールアーカイブサービス「Active! vault SS」などを通し、セキュリティ環境に優れたメールシステムの構築を支援しています。2023年5月にはMicrosoft 365、Google Workspaceと連携するクラウド型標的型メール攻撃対策サービス「Active! zone SS」をリリース、400を超える地方自治体に採用された標的型メール攻撃対策ソリューション「Active! zone」とともにEmotetによる標的型メール攻撃を多数阻止するなど高い評価を得ています。

参考リンク:https://www.qualitia.com/jp/

 

本リリースのお問い合わせ先

株式会社クオリティア
営業本部 マーケティング部 稲垣
email:press_pr@qualitia.com
phone:03-5623-2532

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

クオリティアはコミュニケーションの活性化とセキュリティの強化を支援します。

各サービス資料
ダウンロードはこちら(無料)